上手に賢く睡眠の質を上げる方法

ぐっすり眠ってその日の疲れをとって、次の日、目覚め良く起きて溌剌と動ける、その理想に近づくためには眠る時間を長くするだけではなく、睡眠の質を高めることが大切です。睡眠の質を上げるためには普段から気をつけておかなければいけないことがあります。まず、布団の中に入ったらスマホはいじらないことです。スマホのモニターからはブルーライトが出ており眠りを妨げてしまいます。また、色々な情報に触れて思考を巡らせることで脳が覚醒しまっては眠りが浅くなってしまいます。そして本を読んだり音楽を聴いたりすることも、思ったよりも熱中してしまい眠る時間が遅くなってしまったということや、眠かったのに覚醒してしまったということが起こり得るので注意が必要です。眠る!と決めたらなるべく部屋は暗くして、眠りの妨げになるものは遠くに置き、心を無にして何も考えず、とりあえず目を瞑ることが大切です。まだ眠くないと思っていても、布団の暖かさとリラックス作用で1日の疲れが出てきてぐっすり眠れることも多々あります。限られた睡眠時間でも質の良い睡眠をとり、今日の疲れを明日に残さずに過ごしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です