睡眠の質を上げる生活習慣

睡眠の質は、普段の生活習慣によって大きく変化します。睡眠の質を上げるには、生活習慣を見直す事が必要です。まず一つ目は、入浴をするタイミングが重要です。入浴のタイミングは、寝る90分前が最適です。入眠には深部体温と言われる体の内部の体温が下がる事が必要で、入浴をすることで、深部体温が一旦高くなりますが、寝る90分前に入浴する事で、寝る頃には下がり、スムーズに入眠する事ができます。体は活動をする時には深部体温を上げ、眠る時には体の疲れを取るために、体温を下げる性質があるため、深部体温が下がると寝つきが良くなると言われています。二つ目は、運動の習慣です。質の良い睡眠には、程よく脳と体が疲れている事が重要です。普段から運動をあまりしない生活を送っていると、脳は疲れていても体は疲れていないというバランスの悪い状態になり、睡眠の質も落ちてしまいます。ジョギングやウォーキングなど、適度に運動するように心がけましょう。三つめは、起床時間と就寝時間は一定になるようにする事です。起床時間と就寝時間を一定にすることで、自然と起きられるようになり、夜も自然と眠れるようになります。また、起床したら、太陽の光を浴びる事も重要です。太陽の光を浴びる事で、体内時計が調節され、朝を認識し、自然と夜の寝る時間には眠くなるようになります。
しっかり睡眠を取っていてもなかなか疲れが取れずに困っている人も、生活習慣を少し見直してみて、睡眠の質を上げてみてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です